高輝度LEDが植物の苗生産に今後必要になってくるかもしれません。

高輝度LEDが植物の苗生産に今後必要になってくるかもしれません。トマト『アーリーガール』、サルビア『ビスタレッド』、ペチュニア『ウェイブ』、インパチェンス『スーパーエルフィンXPレッド』を高輝度タイプLEDの下で試験をした結果が出ています。結論から言いますと、青色LEDは葉っぱや茎の成長を抑制。赤色は茎の長さや葉っぱの大きさを大きくする。インパチェンスの場合はグリーンが効果的に働いているが、結果的には赤と青のLEDを利用するのが汎用性が効くような内容になっています。
ちなみにグリーンルーツの高輝度LEDは10万ルクス近い光が出ます。価格は22000円になります。
http://www.greenhousegrower.com/production/plant-culture/growing-seedlings-under-leds-part-two/