赤い葉っぱのレタスは低日照の冬から早春にかけては色が発色しにくくなるため、それを異なる波長の光の中でどれが一番よく色を発色できるかということを実験した結果。

赤い葉っぱのレタスは低日照の冬から早春にかけては色が発色しにくくなるため、それを異なる波長の光の中でどれが一番よく色を発色できるかということを実験した結果。播種後35日のレタスに照射した場合5日以上照射で一番効果が出たのが赤と青を半々のLEDを照射したものだったようです。レッドリーフレタスはサラダミックスに入っているのとそうでないものとでは売れ行きが変わってしまうほど重要な葉っぱもんのようです。
弊社でもハイパワータイプの蛍光灯タイプLEDを扱っていますが、利用すると多肉植物のアントシアニン着色が非常によく、通常できないときにきれいな赤色を発色させることができます。
http://www.greenhousegrower.com/structures-equipment/customizing-crop-foliage-color-with-leds-red-leaf-lettuce/