新製品情報

KO-206

【家庭用】
お客様の元で長年の使用に耐えられるよう錆びづらいオーステナイト系ステンレスの筐体と国産の高級木材で構成された、KO-106のリニューアルモデル。

オプションでレーザー刻印が可能なので、結婚や出産などの贈り物にも最適です。

ブラックとブラウンの2色あります。

KO-208

【家庭用】
KO-206の上位モデル。

KO-206同様、オプションで刻印が出来ます。

見積もりが別途必要になりますが、カスタムメイドとしてお客様の希望する木材を利用して筐体加工も可能です。

※材質等の事情により、カスタムメイドをお断りする場合もございます。

なぜ空気清浄機と呼ばず、医療物質生成器「Salir(サリール)」なのか

医療物質生成器「Salir(サリール)」は、平成17年10月7日に経済産業省より認定されました。

Salir製造メーカー「共立電器産業株式会社」とは

共立電器産業株式会社は、現代表取締役会長の吉松竹四郎氏が1977年に創業しました。

創業当初は、ガスライターのバッテリー着火装置を製造販売していました。その後十年以上にも及ぶ研究開発期間を経て、2001年に医療物質生成器「Salir(サリール)」の販売を開始いたしました。

本社・工場は、東京都大田区にあります。

サリールはすべて職人による手作りで組み上げています。

大手さんのように大きな工場で製造しているわけではないため大量販売はできませんが、人に向き合って気持ちを込めて作っています。

※写真は、創業者であり現代表取締役会長の吉松竹四郎氏

サリールとは

他メーカーの空気清浄機は一般に、モーターでファンを動かすことで吸気し、それをフィルターを通すことで空気を濾過する機構になっています。その為、定期的なフィルター交換などのランニングコストが発生したりします。また、空気清浄機は長時間稼動が当たり前のためモーターへの負荷も大きく、故障の原因のひとつとしてあげられることもしばしばあります。

サリールはそれらと異なり、モーターもフィルターもありません。長期間快適安心して使っていただける構造をしています。フィルターの交換も不要ですし、モーターの磨耗もありません。ランニングコストをかけずに安心して使える。それがサリールです。

一般的な空気清浄機とは構造が異なるため、経済産業省からは「医療用物質生成器」として認定されています。

空気清浄方法

サリールは、特許技術の超高圧ユニットでコロナ無声放電をおこし、オゾンとマイナスイオンを発生させます。その過程で微風が発生し、空気を分子的に改善していきます。

オゾンとは

オゾンは、酸素分子(元素記号O)が3つ結合した物質です。

地球の大気圏に多く含まれており、大量に摂取すると有害とも言われています。

しかしながら、その殺菌・清浄効果はとても高く、高度浄水処理場では水道水の浄化にも利用されています。

また、多くの医療機関でもO-157やインフルエンザウィルス等の感染被害を抑える目的でオゾンを活用しています。

オゾンは、空気中に放置すると通常の酸素に戻ります。

高度浄水処理や医療機関で使われる理由はこれで、化学薬品などのように残留物質が無いため安全安心に利用できるからです。

サリールは、高濃度のオゾンを発生させますが、人体に影響がないと言われる基準値を下回っております。

(オゾンに関しての参考サイト)

 

 

 

 

空気清浄活性機・機医療物質生成器「Salir(サリール)」の効果

商品紹介